icons_contact ― 個別塾StudyBearの市立南中定期テスト対策は『缶詰学習会』

個別塾StudyBearの市立南中定期テスト対策は『缶詰学習会』

[成績保証制度付]期末テスト対策

StudyBearのテスト対策の特徴

StudyBearのテスト対策は、「全員で高めう」ことが特徴です。

StudyBearでは中学生にとって、「お互いに高めあう環境を作る」ことが、一番成績を伸ばしやすいと考えています。

なぜなら、人の良いところを目の当たりにしたり、人に負けたり追い越されたりした場合に、人は自分の弱点や足りない点に目がいくものです。このとき、素直に「素晴らしい」「自分もそうなりたい」と思うのが健全な感じ方だと考えているからです。また、がんばろうとしてがんばれないのは、楽しくないからです。人間は楽しいこと、やりたいことしかできないようになっているもの。成功している人は、ムリに自分を動かしているわけではないのです。

royalroad-photo_web (39)

StudyBearのテスト対策の流れ

第1クール 学校の提出課題をまず一通りやりましょう(6/11~6/17)

ここでは、「宿題を、○付けまでやりきる」ことが目標です。

どんな問題が出るのか、どこで間違えたのかなど「自分の現状を知る」ことが大切です。ちなみに、この段階は「勉強の準備」をしているに過ぎません。中学生は、「問題を解くことが勉強である」と勘違いしている生徒が多いですが、問題を解くことは(何度もいいますが)「勉強の準備」をしているに過ぎません。

第2クール 学校の提出課題を仕上げよう(6/18~6/21)

ここでは、宿題をやってみて×がついた問題を「解き直して」いきます。ここからが、本格的なテスト対策の始まりです。

間違えた問題を解き直して、「基礎」を確認しきることが大切です。中学生を見ていると、この「解き直し」に時間を割く生徒があまり多くありません。宿題は「出すべきもの」としか考えておらず、もったいない時間の使い方をしています。解き直しこそ、一番の勉強なのですが・・・。

第3クール 得点力を上げよう(6/22~6/25)

このクールでは、確立した基礎を使って「点を取るための特訓」を実施します。塾の教材「学力トレーニング」を使って仕上げていきます。その流れは、下の通りです。

学トレの流れ(定期テスト対策コース)― 個別塾StudyBearの市立南中定期テスト対策は『缶詰学習会』

また、ここで出てきた弱点は、下の図の通りに解消していきます。

学トレの流れ(確認コース) ― 個別塾StudyBearの市立南中定期テスト対策は『缶詰学習会』

ここまでやりきれば、10点UPも、決して夢ではありません。

icons_contact ― 個別塾StudyBearの市立南中定期テスト対策は『缶詰学習会』

 講座受講の詳細

★ 当塾の定期考査対策講座は、塾生以外は有料の講座です。他塾のように無料ではございませんのでご注意下さい。(成績UP保証制度対象講座)

対策期間

2015年6月11日(木)~6月25日(木)[ただし、次の日は休講 6月14日(日)]

受講料

5教科で5,000円(教材費込 税別)

成績保証制度

1 6月10日(水)までに申込をした上で初日から参加する

 全14日間のうち、12日以上出席をする

3 出席した日について、3時間以上の学習をする

4 当塾の示す( )内に書いた日程通りに学習を進めた

上記4点のすべてを厳守の上で、対象教科が以下のとおりにならない場合は、受講料全額を返金します。

① 受講前直近の定期テストの得点(※以下基準点と呼びます)が54点以下の場合、対象科目が保証期間内に20点以上上がることを保証します。

② 基準点が55点以上の場合、対象科目が保証期間内に80点以上となることを保証します。

※①②とも得点は100点満点で換算します。英語はリスニングを除き算出します。

※小数点は切上げて算出します。

※直近の定期テストの原本(問題・答案)を提出していただきます。

※受講開始時点において、中学1年生であって、かつ、定期テストを1度も受験していない場合は、1回目のテスト結果が基準点となります。また1回目のテストで80点以上を獲得した場合は保証得点達成となります。

icons_contact ― 個別塾StudyBearの市立南中定期テスト対策は『缶詰学習会』