東久留米市立南中 東久留米市立中央中 東久留米市第五小 東久留米市南町小 に通う児童・生徒の皆さんの『自立』した学習体力がつく進学塾

「StudyBear」という塾は・・・

  • HOME »
  • 「StudyBear」という塾は・・・

 

東久留米市No.1の自立学習塾を目指す

個別塾StudyBearという塾は・・・

StudyBearの特徴

 

StudyBearは、一斉指導、自立指導を融合した、きめ細やかな指導が特徴です。

「魚を与えれば一日の飢えをしのげるが、魚の釣りかたを教えれば一生の食を満たせる」が、創立以来のコンセプト。つまり、点取り指導に没頭せず、「最適な学び方をベストな教材で学び続ける」のが個別塾StudyBearです。常に、ベストのスタイルを追求しています。

StudyBearの考え方(学習信念)

sb_info 1

成績を上げるために大切な事。
それは「意識」です。
勉強する時に、「どんな意識を持っているのか?」が大事だということです。
勉強する時、
・何を目的に勉強しているのか?(=どのような自分に変化したいのか)
・何を目標に勉強しているのか?(=どのようなレベルに到達したいのか)
・だから今、自分は何をしているのか?
といった意識がないと、勉強はほぼ意味をなさなくなります。たとえ、長時間勉強しても、得られるものはほぼ0に近いでしょう。
これは勉強でもスポーツでも同じ。上達のカギは「意識するか」なのです。ですから、当塾では「あまりに意識が低く、改善の見込みがない場合」受け入れをお断りしています。
sb_info 2これは、誰もが頭では理解していて、学習者が一番陥りやすいことなのですが「問題を解くだけでは成績は上がらない」のです。
極端な言い方をすれば、「問題を解くことは勉強の準備をしたにすぎず、解き直し以降が『本当の学習』だ」と考えるべきだということです。
改めて言いますが、このことは受験生でさえ気づかないのです。だから、学校で「誰もが同じ授業を受けているにもかかわらず成績差が出てくる」のです。
ですので、当塾に入ると一番先に身につけて頂くのは「解き直しのやり方とやり直しのやり方」です。(ちなみに、問題演習や授業の受講が少々雑でも、「この次に解き直しとやり直しが待っていることを理解」していれば自然と問題演習や授業の受講状況は変化していきます。なぜなら、「人間は自分が面倒だ、いやだと思うものを避ける『利己的な生き物』です」から・・・)
それでは、この後指導方針をご紹介しながら、細かいことをお話ししていくことといたします。

StudyBearの指導方針

1 スピードを重視した問題演習

sb_info 3

1日24時間、1週間168時間、1か月720時間・・・「我々に与えられている時間は平等。しかし、残念ながら、成績は差が出る。」これはなぜだと思いますか?

それは、「時間の使い方」を間違えているからです。もっと言うと、何のために時間を使っているのかを理解していないからです。これは、先天的なこととは一切関係ありません。すべて後天的に身につくものです。しかも、1週間でやるべきことを1週間でやったら「もったいない」です。1時間でやることを1時間でやっても「もったいない」です。最初は、「自分の感覚の4分の3」の時間で、その次は「その3分の2」の時間でとどんどん早くこなしていくのです。そうすれば、「解く回数も増加する=間違え直しの回数も増加する=やり直しの回数も増加する」といいことづくめです。

2 解き直しは、「答えを写す」ことではない

sb_info 4

塾講師を20年やってまいりましたが、最近特に思うことは「『勉強ができない』子供が増えた」ことです。

ちなみに、成績が下がったということではなく、「正しい勉強法が身についていない」ことを指しています。これは、「勉強の第一歩として何を習うか」によると考えています。本来ならば、勉強法の習得から始まるべきです。それを知らない・習得しないままだから「勉強法How to本が書店で所狭しと並んでいる理由」なのでしょうが、子供任せになっている現状では致し方ないのかもしれません。できない子供ほど、解説を読もうとしない、解きかたをまねよう(覚えよう)としない。非常に残念です。

ところで、当塾では英単語を覚えるのに「キクタン」を利用します。なぜか。その理由をご紹介します。

とにかく覚えやすい「チャンツ」1日8語〜16語×60〜70日(シリーズにより変動)のスケジュール学習

「Entry 2000」は、チャンツ→フレーズ→センテンスの3段階の「聞くだけ」モードに2段階に分かれた「聞く&書く」モードをプラスした、合計5段階のモード学習をご用意。スペルまでカンペキにマスターします!CDには単語チャンツのほかにフレー ズとセンテンスも収録してあり、「聞くだ け学習」をより効果的にできるようになっています。

その他のシリーズは、「聞くだけ」「+フレーズ」「+例文」の3段階モード学習
見出し語1語につき最低7回は出合う構成。同じ単語を何回も目にする・耳にするから、覚えられる!(アルク様HPより)

太字にした「見出し語1語につき最低7回は出合う構成。同じ単語を何回も目にする・耳にする」ことが重要で、この編集方針と当塾の方針がマッチしているから採用しました。

特に、英語は普段の生活では使う場面がなかなかありません。日本語ならば「いつでも、複数回にわたって使う」から、なんとなくでも意味が分かるものです。この原理を「どのような学習であっても取り入れる」ことを重要視しているのです。

ですので、塾からの宿題は結構多いので、事前に確認をしておいてください。

3 石橋を叩いて渡る学習をさせる

sb_info 5

子供たちの学習において重要なこと(誰でもそうなのかもしれませんが・・・)は「成果が出ること」と、「成果を自分で確認できること」です。一番簡単な成果の確認法は、「同じ問題をやり直して正解の数が増えること」です。ここで、当たり前だとは思わないでください、意外にできませんから・・・。

さて、この1~3の学習ですが、どのようなタイミングでやるかが重要だと言われています。

これは、実は息子の勉強法を考えていたときに生まれました。

息子の夢は「動物関係の職に就くこと」だそうで、獣医になる決意をしました。

ところが、獣医になろうとすると受け入れ先の大学が極端に少なく、しかも私立大学に入学できるほど経済的には余裕はないため、国立大学を考えたのですが全国に11大学しかありません。かつ、関東では2校しかない(東京大学農学部東京農工大学農学部)ことがわかりました。そこで、まずは高校探しを始めました。条件は、次の通りです。

1 国公立大学への合格者が多いこと

2 東京大学と東京農工大学への合格者が多いこと

3 理系進学者が多いこと

そうすると出てきた高校は・・・

1 開成高校巣鴨高校城北高校の私立高校

2 日比谷高校西高校国立高校戸山高校多摩科学技術高校の都立高校

8校です。ただし、高校入試組の進学実績を考えると、私立を第一志望にすることは危険ではないかという結論に至りました(参考:本郷高校高校入試組のみの進学実績 資料1 資料2

つまり、学校全体の進学実績と、高校入試組の進学実績には明らかな差があったのです。そこで、都立を検討するに至りました。そして、都立の中でも進学指導重点校と理数特化型高校の高校に絞るに至ったのです。しかしながら、これらの高校はレベルが高いのもそうですが、倍率も高いため相当な激戦です。そこで「怒涛の英語・国語」で合格点を取りに行く方法をとりました。そして、英語の学習法を調べている中で、このような学習法に出会いました。

勉強法その1  勉強法その2  勉強法その3  勉強法その4  勉強法その5

すべての勉強法に共通することは、「最初から完璧を目指さないこと」と「一度で全部やるのではなくとにかく回数を繰り返すこと」でした。(この資料も参照してください

ですから、私は決めました!子供の夢をかなえるためには「鬼でも悪魔でも何でもなって、絶対に合格させる」と。

決めてからすぐに期末テストがあり、いつもは1週間ちょっとかかっていた学校の課題を「3日で」終わるよう指示し、残った時間で弱点補強に取り組ませました。

このように、子供を合格させたい、夢をかなえられるようにサポートしたいというところから始まっています。ぜひ、お問い合わせいただくご家族の熱意にこたえたい。同じ親として、子供に幸せになってほしいのです。「若いときの苦労は買ってでもしろ」と言いますが、そのような熱意を追って指導いたします。

StudyBearの選ばれる理由

1 個別指導ではない?

StudyBearには「講師が教える」という概念は、ほぼありません。なぜなら、講師の仕事は「塾生に勉強法のサポートする」と考えているからです。教える(ティーチング)より、見守る(コーチング)指導を追及しています。

2 StudyBearは「勉強道場」です

StudyBearは、学習をスポーツの練習・試合と同じものだと考えています。

基礎のトレーニングに当たる「授業」と「演習」、試合に当たる「模擬試験」、ミーティングに当たる「解き直し指導」この3つがとても大切です。

「苦しいこともあるだろう。いいたいこともあるだろう。
不満なこともあるだろう。腹の立つこともあるだろう。
泣きたいこともあるだろう。これらをじつとこらえてゆくのが・・・」

とある人は言いました。これこそ、まさに目標に向かって仲間と走る「スポーツ型学習法」です。

3 さまざまな学年の塾生が、一つの教室で学びます

集団塾では学年別・クラス別に、個別塾では個人別に別れて学びます。でも、StudyBearでは小学生も中学生も一つの教室で学びます。その結果、子供同士で「見習う・見習われるの関係」や「教える・教わる関係」が生まれました。また、「先輩への憧れ」も生まれました。これが勉強の動機にもなる良い循環が生まれました。

4 「成績保証制度」で責任指導

StudyBearのメリットは、自分に合った学習ペースが作れることです。弱点や今後の目標、部活動などの予定は人それぞれ。授業スケジュールから、目標達成計画までオーダーメイドで作成。そして納得のいく結果につながるよう、プロセス管理でスタートからゴールまでをしっかり見守っていきます。

そして、一つ一つの努力行動から努力し自立する姿を応援します。目標はみんな違います。学校での成績は中間テストや期末テストと一つ一つの小さな目標達成までの大切な時間を個別塾StudyBearに託してくれるのなら、理論より結果を出して応えたい。その想いから、私たちも高い目標を定めました。それが生徒達への成績保証制度です。

詳しい条件などはこちらをご覧下さい。

小中学生の皆様からのお問い合わせをお待ちしています TEL 042-427-3531 電話 平日 15:00~21:00 / 土曜 14:00~19:00
★24時間可能なWebフォームもご利用下さい★

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.